「へしこ」とは?

「へしこ」とは、鯖街道の昔から福井県に伝わる鯖と糠で作られているお魚のお漬物のことです。

もっともオーソドックスな鯖のへしこ作りは1年に1回。

新米の糠ができる秋から冬にかけて糠漬けにし、その後10か月熟成させます。

作り手によって少しずつ味わいが異なります。

↓そんな「へしこ」の色々な食べ方を、道の駅「若狭おばま」のスタッフがご紹介していきます。↓

へしこの美味しい食べ方レシピ



へしこの焼きうどん

 材料 

うどん

レタス

焼いてほぐしたへしこ

ネギ

めんつゆ

 分量等 

1玉(茹でておく)

3枚

10g

10g

小さじ2杯


ほぐした身と、炒った糠を入れて、 野菜とネギをたっぷり入れた焼うどん。

へしこのしょっぱさと野菜の甘味で 箸が止まらなくなります。食べ過ぎ注意!!

油をひいたフライパンを熱して、野菜→うどん→へしこの順に入れる。

へしこは塩辛いので、味見ながら少しずつ入れる。


めんつゆを入れて味を調えてできあがり。


へしこチャーハン

 材料 

ごはん

レタス

焼いてほぐしたへしこ

刻みネギ

塩、胡椒

 分量等 

お茶碗1杯分

2枚

10g

1個

お好みで

お好みで


へしこが入ることでチャーハンの味がグレードアップします!

 

 

フライパンでご飯と溶き卵を炒める。


 

 

へしこ、レタス、ネギ投入(お好みで塩、胡椒)


お皿に盛りつけて完成!(刻みネギをふりかける)


ヘしこの大根包み

 材料(5個分) 

大根

へしこ

レモンの輪切り

 

 分量等 

厚さ1㎝程度に切ったもの

薄切り5枚

お好みで


大根をうす~くスライスして、へしこを挟むだけ!

しばらく置くと味がへしこの塩分がなじんで美味しいです。

お好みでレモンをかけてどうぞ。


へしこ手まり寿司

 材料(5個分) 

へしこ

酢飯

芽ネギ または 水菜

 分量等 

薄切りにしたもの

適量

お好みで


酢飯とへしこをラップでくるんで丸くなるように握る

簡単おしゃれなおもてなしの一品!


へしこトースト

 材料 

食パン

スライスチーズ

トマト

へしこ

パセリ

 分量等 

1枚

1枚

好きなだけ

好きなだけ

お好みで


食パンにマヨネーズを薄く塗り、トマトをスライスして乗せ、

とろけるチーズとへしこを乗せて、焼き目がつくまでトースターで焼く。



焼き鯖&へしこぎょうざ

 材料(20個分) 

焼き鯖(身をほぐしておく)

きゃべつ(みじん切り)

ネギ(みじん切り)

へしこ(焼いてほぐしておく)

みりん、しょうゆ、しょうが

餃子の皮20枚

 分量等 

半身

100g

10g

15g

適宜

20枚


1、焼き鯖、キャベツ、ネギ、へしこを混ぜ合わせる。

 必要に応じてみりん、しょうゆ、生姜で味付け。

 一晩寝かせると味がなじんでより美味しい。

 

2、餃子の皮で包んで、170℃の油で揚げる。

 チーズを入れても美味しい。


いかがでしたか? 小浜名産の「へしこ」をぜひ召し上がって下さい。