若狭和紙

奈良時代から伝わる伝統の技法で作られた「若狭和紙」。

「若狭和紙」は繊細でありながら、丈夫な上質紙として優しく灯る照明器具などに多く使われています。
かわいく粋な色使いをした小花柄や日本伝統柄の模様など特徴的な柄は、型染めなど友禅の技法によるもの。
手作りならではの風合いや上質な質感が独特な味わいを醸し出します。

丈夫で頑丈な若狭和紙

若狭和紙は、精選されたコウゾを原料とした純良で頑丈な和紙。延暦年間にその製造法が伝わったとされています。 その風合いの良さから、最近では名刺やアドレス帳などにも使用されています。

全2件